弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

保坂和志「途方に暮れて、人生論」

途方に暮れて、人生論
この人の「プレーンソング」とか「季節の記憶」とかとても好きなのですが、ではこの保坂さんという猫が好きで宮沢賢治も好きらしいおじさまと話しが合いそうかというと、どうもそういう感じはしないので、これまでエッセイは読まないできて、はじめて読んだのがこれです(こんな文章のひねくり方、ちょっと保坂っぽい?とか思いつつ)。
世代論についても中で触れられていますが、それこそ世代が違うというわけか、部分部分では仰るとおりと思うところがありつつ、全体的にいまいち通じ合えないんですよね。小説はほんと好きなんですが。