弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

江國香織「号泣する準備はできていた」

号泣する準備はできていた (新潮文庫)
やはりこの人はこういう不穏なかんじを書くこともできる毒のある人なんだとわかって安心した気持ちです。
「東京タワー」とかみたいに毒が感じられないと、こういうのが本当にかっこいいとステキだと思ってそう思わせたくて書いてるんだろうか??と疑問を感じるので。