弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

津島祐子「火の山−山猿記」

火の山ー山猿記(上) (講談社文庫)
火の山ー山猿記(下) (講談社文庫)
この作家には前から興味がありつつ今回はじめて読んだのですが、私には合わないとわかりました。
登場人物の手記というスタイルで書かれているため、作家自身の地の文体は知らないままですが、どうしてもどうしても合わず、杉冬吾として描かれる太宰の姿だけ追いかけて何とか読了。