弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

司馬遼太郎「殉死」

読みながら終始いらいらと、こんな迷惑な人は、西南の役のときに思い通りに遂げていれば…とまで。
途中から、三島由紀夫の夫婦が自決する小説のタイトルは何だっけ?、そういえばあれは何に殉じたんだっけ…?と、読みながらもやもやしてきて(答え:「憂国」で、2.26の鎮圧の任務を拒むため)、しかし出先で読んでいたので確かめるすべもなく、もやもやしながら読み終えたのですが、自決シーンのあと、末尾の気の抜け方がいいですね。
自決シーンで終わる小説というと、まずは三島の「奔馬」の「日輪は瞼の裏にカクヤクと昇った。」というあまりにもすごい結びの一文を思い出すわけです。
でもここでは、「常に劇的な人物」であるところの乃木希典を描きながら、その殉死の描写に続けて、「電車の席とりで負けて座れない」という年寄りの愚痴みたいな挿話で締めくくって、詰めていた息をふっと吐かせるような結び方をする。
このように、あえて劇的でなく、低いテンションで通しているのが実に良いところです。