弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

判例時報1941号 パチンコ攻略情報と消費者契約法

判時を3冊も溜めてしまいました…滅多にない事態、ヤバイです。
東京地裁平成17年11月8日判決
パチンコ攻略法について「断定的判断の提供」で取消を認めたもので、素朴に考えると当たり前という感じですが、逆の結論の原審を取り消したものということなので、原審はどこで消費者契約法の要件を切ったのだろうと疑問です。
解説では特異な事例とされていますが、たしかに裁判例はあまり多くないのかもしれません。交渉ごととしてはこのたぐいはよく登場するのですが。
あと、解説では、原告がパチプロだとしたら消費者でなく事業者とみる可能性に言及されていますがなるほど…