弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

岩田隆信「医者が末期がん患者になってわかったこと」

ISBN:4043479018:image:small
gliobrastomaについて調べもの中に、同病にかかった脳外科医の闘病記である本書が引っかかってきたので読んでみました。
脳外科医としてまさにその専門とするところの悪性脳腫瘍にかかり、hopelessなものであることを分かりながらもあがく姿が赤裸々に書かれています。
職場での地位や教授への昇進という問題は、生死の境では別次元のことにみえながらも、こだわってしまうところも身につまされます。健康あってこその充実した仕事であって、健康が無くなれば全ては崩れ去るものであると、普段は意識できませんが…