弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

Man’yo Luster―万葉集

Man’yo Luster―万葉集
英訳と写真つきの万葉集。ゆっくり眺める本です。
古典って、学校で習う学生のころが一番親しくて、あと特に個人的には、仕事を始めたころから意識的に古いものを避けて同時代的なものを読むようにしていたので、こういう学校で習ったような古典を久々に読むと非常に懐かしいというのと、同じ歌の理解でも年をとって変わってくるなあと。たとえば「憶良らは今は罷らむ」の歌なんかは、賑わいたけなわの宴席から辞去する歌なわけですが、これを前回読んだときというのは、宴会を途中で抜け出す心持ちなんて知らないわけです。