弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

棚瀬一代「離婚と子ども 心理臨床家の視点から」

離婚と子ども―心理臨床家の視点から
心理臨床家、また、家事調停委員として多くのケースに携わってきた経験から、当事者の心理や援助者としてとるべき態度を分析したものです。
アメリカでは、国家政策として面会交流をすすめているとのことで、親教育プログラムやビジテーションセンターなどの取り組みも紹介されてます。
たいへんたいへん参考になります。家事ケースを扱う視点を深めるのに必読といえましょう。