弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

瀬木比呂志「民事訴訟実務と制度の焦点」

民事訴訟実務と制度の焦点―実務家、研究者、法科大学院生と市民のために
判タ連載中から読んでましたがあらためて、とっても分厚いのでやっとのことで。この道について考えたい方には必読書と思いますが、連載中ならともかくまとまってしまうとあまりのボリュームです。
「いつ本を読むのですか?」とよく聞かれるというくだりがあり、答えは通勤時間だそうです。私もよく聞かれるのでここでついでに言うと、「仕事の合間にちょこちょこと」です。おそらく人が思うほど時間をとられてはいません。読むのが異常に早いのです。