弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

判例タイムズ1285号 第三者申立の子の監護事件

野田愛子「祖父母その他の第三者の監護権について」
東京高裁平成20年1月30日決定について。高裁レベルの判断として不適法(東京高裁平成20年、仙台高裁平成12年)、適法(大阪高裁平成16年、福岡高裁平成14年)があることに触れつつ、諸外国の状況を紹介しています。
東京高裁平成20年1月30日決定については、判例タイムズ1281号梶村論文、1284号二宮論文、1285号野田論文と批判が続いています。