弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

島尾敏雄「死の棘」

死の棘 (新潮文庫)
前に読んだときは途中で挫折したんです。「IN」後なのでようやく読み通せました。よく、「火宅の人」とごっちゃになるんじゃないかと思いますが、「火宅の人」は妙にかわいくて、狙ってる感こそうまく隠せているものの狙ってるとしか思えないのに対し、「死の棘」はかわいいとか思う余地ないほどのダメ男っぷり(でもダメ男耐性が高い人にはこれこそがアリかもしれない)なのが大きな違いです(ぶりっこ←→ナルシズム放棄)。