弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

吉田篤弘「それからはスープのことばかり考えて暮らした」

それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)
頭休めになるライトな本をと思って買ってきたなかのひとつ。うん・・・こういうのだろうと思っていたけど、やっぱりこういうのだった。なんというか、いまどきの若手の作家の人の字が大きめの小説って、こういうモラトリアムな感じというか、ゆるい感じのばっかりですよね・・・と思ってあまり読まないでいるから、単なる偏見かもしれないけど。こういうのばっかり氾濫してるように思えてならない。わたしはこういうのだめだー