弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

内藤あいさ「デキる弁護士、ダメな弁護士」

デキる弁護士、ダメな弁護士 (講談社+α新書)
軟派なみかけの本なので出先で気楽に読み始めたら、最初の弘中先生のインタビューでうわーっとなって、持って帰って執務室の机で読むことにした本です。著明な弁護士について何となく知ってるつもりでも、どんな仕事をしてきてどんな考え方でとかまで思っているほど知らないわけで、いろいろ感心しながら読みました。ほんとにそうだこれからもこれでいこう+今後はこうしよう、と胸に刻んだことがいくつかあり。インタビュー以外の地の文章には首をかしげるところもありますが。
本来は、デキる弁護士を見つけるためのユーザー向けのノウハウ本です。とはいえ、ふつうのユーザーが見つけたいのは真面目で誠実に向き合ってくる弁護士であればいいはずで、これほどの大物弁護士インタビューを並べることと出版意図とはギャップがあるかも・・弁護士にとっての読み物としてはとてもためになりおもしろかったのですが。