弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

とりあえず恥を知らないわけでもないらしいことがわかった。もうこれ以上もんくを言ったり追及したりは(心の中でも)しないから、こころおきなく新たな任地に行きなされ。

年度がわりは余裕もってすごせるはずと思いつついまいちそうでもないのが通例。去年のいまごろはもういつ生まれてもおかしくないとか言いつつふつうに仕事してて(出産前というのはトラブルなければごくふつうに過ごせるものなのです)、管材新件まで受けたりしてたんだ(そのときはわれながらいかがなものかと思ったのだった)。今週は出張で2日間事務所を空けるのでそのぶんいま頑張らなくては。

酸欠で手指がしびれるくらいの咳こみ。