弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

家庭裁判月報第63巻第9号 子の監護者等の裁判例の傾向

松本哲弘(サンズイに弘)「子の引渡し・監護者指定に関する最近の裁判例の傾向について」
こういう基準があると言われるがそればかりで決められない、というコメントの繰り返しで、結局なんなの!と言いたいけど実際の実務がそういう状態なのだからしかたない。これ自体は毒にも薬にもならない感じですが(ある一定の基準を裁判所がババーンと押し出してきたときには、それは絶対的なものではないはずだという反論につかえるかも)、未公刊例も含めて裁判例が紹介されてるので一応チェックを。