弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

小林洋二「小説医療裁判 ある野球少年の熱中症事件」

小説 医療裁判―ある野球少年の熱中症事件
旭川出張の車中で読みました。旭川往復程度で読んでしまえるボリュームでありながら、医療裁判がどのようなものであるか、患者側が、弁護士がどのような思いで取り組んでいるかが非常にわかりやすく、そして、裁判実務として本当っぽいにもかかわらず小説としてちゃんと(というのも失礼な言い方ですが本当に引き込まれてるくらいに)おもしろいのがスゴイです!