弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

いがらしみきお、 山上たつひこ「羊の木(1)」

羊の木(1) (イブニングKC)
すごくザラザラして怖い漫画。犯罪者と接する生理的違和感…、知らないわけではない。
思うに、刑事事件って、弁護士登録してすぐ当然の義務のように参加させられ、避けがたいお役目として続けさせられてきたのだけど、罪を犯した人を弁護するという役目は、その人を社会に戻して隣人として生きるという覚悟なしにやってはいけないことだったのでは? 率直に言って、そんな覚悟はないままやっていたし、妊娠出産をきっかけに刑事事件から離れた今は、そんな覚悟が今後とも持てるとは思えない。
なんて、戻る気があるなら書くべきでないことと知りつつ、あえての踏み込み。