弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

米窪明美「明治宮殿のさんざめき」

明治宮殿のさんざめき

「みやび」と「モダン」が無理なく同居する明治宮殿の十二ヶ月を、テクニカラー映画のごとく豪華絢爛「宮廷絵巻」として描き、天皇皇后から女官たちまでひとりひとりの息遣いを伝えてくれる。ツイッター感覚で立ったまま和歌を詠む天皇陛下。気くばり上手でユーモアたっぷりの天皇は、しっかり者で、姉さん女房の皇后を「天狗さん」と冷やかして呼びかける―。NHK坂の上の雲」の宮廷シーンの時代考証を担当した才女により、明治宮廷の微笑ましき暮らしぶりが軽やかな筆致で再現される。

天皇モノもいろいろ読んできましたが、ちょっと毛色を変えて。ミーハーだったり思い入れたっぷりすぎたりせず、ライトにだけど興味深く読めました。