弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

坂本光司「日本でいちばん大切にしたい会社」

日本でいちばん大切にしたい会社
労働事件は労働者側も使用者側も扱う私ですが、労使の意識の違い、紛争自体はとりあえず解決できても、根本的な歩み寄りの不可能さぐあいには、どうしたものやらといつも思っています。話しは飛躍するけど、おなじ弁護士でも、雇われ根性なのか自主独歩が基本と思っているのかで、ぜんぜん仕事に対する意識が違って、ちがう意識のひととはわかり合うのは不可能だなって思ったりもするし、立場の違いを乗り越えるのは難しいことだ。なんてことを思いつつ、桃源郷のような会社の姿が書かれているこの本を読んでたわけです。