弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

滝澤孝臣「民事法の論点 その基本から考える」

民事法の論点―その基本から考える
たぶん登録10年にかこつけてだったと思いますが、おそまきながら我妻民法を新品で入手できるぶんは全部そろえて、業務のなかでなにか論点が出てくると拾い読みするなどしているのですが、いまさら言うのもなんですけど我妻民法って特別なものがあって、それまで思わなかった制度趣旨とか論点相互の関係に気付かされてアタマの片隅がチクチクするような名状しがたい感覚におそわれます。この本も、冒頭の「書面による意思表示と錯誤論の成否」ですごいチクチクをくらって、法律本とは思えぬ興奮をおぼえながら読んでしまいました。