弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

佐藤優「修羅場の極意」

修羅場の極意 (中公新書ラクレ)
やっぱり連載をまとめたものって内容に玉石あるし、マサルさんが修羅場をどう乗り切ったかは「国家の罠」を読めばそれに尽きてると思います。本書の「おわりに」で引かれている「コヘレトの言葉」は「国家の罠」でも印象的に扱われていました。
関係ないけど、マサルさんの文章は接続詞「それだから」に特徴があるような気がします。