読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

小室淑恵「子育てがプラスを生む「逆転」仕事術 産休・復帰・両立、すべてが不安なあなたへ」

突然こういう本ばっかり読んでどうしちゃったんでしょう私。というか、これまで、自分は別に答えを求めてさまよってないから人様のご高説を聞く必要ナシですと決めつけて読んでこなかったってことなんですよね。弁護士業と育児と、くわえて副会長業務という三本柱の両立(やればできんじゃない?と根拠なく思ってるけど実はちょっと気が遠くなる!)を前にして、いよいよ何か景気づけがほしくなったというのが今このタイミングなのかも…
そして、感想をちょっと書き出してみたけど、こういうこと前も書いたなと思えばやっぱりそうでした。

小室淑恵さんについては、わたしはワークライフバランスという言葉を盛んに言うひとのことはどうもナナメに見てしまうのだけど、仕事の成果を落とさずに効率化できるところの効率化を突き詰めるのが本来の趣旨ということならそれは受け入れる。ワークの質を高めることはライフの充実と車の両輪で、ワークとライフ双方を止揚させて、みたいな方向づけが感じられない、単に「もっとのんびりしようよ」みたいな主張に聞こえることが多いので、ふだんはナナメに見ている(この部分はいろいろ書いたけどキツすぎたので全部消した)。

だからまた同じことを言葉を変えて言うだけにしかならないんだけど、ワークライフバランス=「ゆるく」と解している人って、言う側にも聞く側にも多いんじゃないかなあ〜気のせい? ほんとはゆるいどころか、マッチョ寄りの思想ですよね。