弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

又吉直樹「火花」、羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」

火花 スクラップ・アンド・ビルド
自宅に文藝春秋があったので読んでみました。
「火花」は、田中慎弥西村賢太のような昔っぽい、ニオイのしそうなブンガクですよね。オチがグロテスクであり、この終わり方である必然性はどうなのか。終わらせ方がわからなかったのでは、とは誰の選評だったか、頷ける感じがします。
「スクラップ・アンド・ビルド」はこういう理屈っぽい詰めていく文章はシゴトっぽくって苦手だわ。で、ずっとタクシー・ドライバーのトラヴィスを思い出しつつ読んでたんですが、書評を検索すると同じ連想をする人って結構いるみたい。