読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

塩田武士「罪の声」

珍しくこういうのを。自分に酔った男調すぎたり、ソードマスターヤマトばりのムリヤリな謎解きだったり、そこまでしなくていいからというくらいの細かすぎて余白がない伏線回収だったり、という私がイヤに思うポイントはなくってよかったです。こういうタイプの小説って減点法でしか読めなくてすみません。記者の描写がオッサンぽすぎて、あ、36歳か、と何度か思い直しながら読みましたが自分のトシのせいでしょうか。

 

罪の声