読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

古賀史健「20歳の自分に受けさせたい文章講義」

「嫌われる勇気」は対話式叙述が読んでてかったるいけど、おばかな青年をばかだなあと思って脳内反論しつつ読み進めるうちに、自分でわかった気になる対話式特有の作用があって、押し付けられる主張より自ら見いだす理屈に愛着を持つ裁判官の性質をふまえた対話式準備書面には可能性があると思ってる。21:19 - 2017年2月3日

対話式準備書面を試みるとしたら、ものわかりのわるい聞き手を登場させて、依頼者の望みを曲解したり見当違いの解決策を言わせたりさせて、読み手が脳内で違うだろ!と突っ込みつつ思わず依頼者のための解決を考えてしまうみたいな誘導をしたい、けど、現実は某判例誌の某連載のようなことになりそう。9:13 - 2017年2月4日

要は、まさるさんが獄中記で「一級の宣伝工作の場合、「答え」(こちらにとって都合のよいシナリオ)をこちらから提示してはなりません。こちらからは、断片だけを提供し、それにより受け手が自ら組み立てたシナリオがわれわれのシナリオに偶然一致するという方向にうまく誘導することが適切です。9:16 - 2017年2月4日

人間は他者から押しつけられたものよりも、自ら組み立てたものに強い愛着を感じるという本性があるからです。」と書いていることに尽きるんだけど。文章力があがれば、しらけさせる対話式じゃない誘導する対話式が書けるのかなあ。「20歳の自分に受けさせたい文章講義 」読めば書けるかしら。9:18 - 2017年2月4日

で、「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読んでるんだけど、期待したことが期待した以上に書いてありそうで思わず小休止。書くべき内容は所与でなく、書く作業との相互作用で形成される思考そのもの…って思えば、保坂みもあるし、藤田宙靖の「法は所与でなく課題」という言葉にも連なってくる。11:07 - 2017年2月12日

 

というわけで、対話式準備書面なんて冗談のように思いながら読んだけど、この本は弁護士のための文章術としてとってもお勧めです。だって、文章は「主張と事実と理由」だっていうんですよ。準備書面の書き方について語ってくれてるとしか思えないじゃないですか! 

あのアドラー本の対話式も、高い文章力のもと意図されたものだとよくわかります。

そして、「作用と反作用」、「説得(押し)より納得(引き)」、「知識の球拾い」。

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)