読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

小島信夫「靴の話/眼 小島信夫家族小説集」

保坂と庄野潤三と島尾敏雄が読めっていうのでとうとう読んでみた小島信夫のよさがまったくもって分からない我が身の悲しさよ。

視野狭窄的な文体が神林っぽい。「この世に2、3人しかいないと思ってるんじゃないの?」と妻に言われる場面なんて、ほんとそうだよと思うけど、こういうツッコミを自分で書けているということは、この視野狭窄さも自覚的な、あえての文体なんだとはわかる。それはわかるけど、どうしてもフツウの昔のブンガクって感じしかしなくて、保坂や庄野や島尾があんなに言うのによさがわからなくって、私ってつまんない女なんだわ(>_<)。

靴の話/眼 小島信夫家族小説集 (講談社文芸文庫)