読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

村上春樹「騎士団長殺し」

単行本

ライトノベルかと思うような上っつらな人物像や舞台装置のこっぱずかしさを我慢しながら読んでいくと最終的には言わんとすることの核はわかるしそうだねって思うけど、読ませるための仕掛けをこんなにもちりばめなきゃだめなのかなあって思ってしまう。

でもそんなこと言うと、保坂だってあれは小説といっていいのか、自己言及や諧謔、韜晦をまじえず小説然としては書けないってことじゃないか、どうなのか。

そういう意味では、後段、免色氏をドストエフスキーに出てくる人物になぞらえるあたりは、自己ツッコミとして機能していて、ドストエフスキーを持ち出すことによって、上っつらに見える人物造形もあえてやってることと分かるようになってることと、この分かる人には分かるメタファーっぷりがいかにも心憎い。

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編