弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

曽野綾子「私日記9 歩くことが生きること」「私日記1 運命は均される」「堕落と文学 作家の日常、私の仕事場」

最新刊が私日記9。お元気だなーと感心しながら読んでいくと、講演中に倒れかけて講演はやめることにしたり、そして終盤、朱門さん入院と息子さん手術のあたりの緊迫感。ガラリと優先順位がいれかわるこの透徹した感じ。

これまでの刊行ペースだと続刊は3年後くらい…と、待ちどおしい思いで、私日記1に戻ってみました。20年前。元気も元気だし、文章の調子や内面の感じが1と9とで20年の経過を感じさせないのがどう言ってよいかわからないけどすごい。

 

私日記〈9〉歩くことが生きること (私日記 9)

私日記〈1〉運命は均される (私日記 1)

堕落と文学―作家の日常、私の仕事場