弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

河合隼雄「河合隼雄の幸福論」

幸福であると感じるための条件は、将来に対して希望が持てる、自分を越える存在とつながっているあるいは支えられていると感じることができるという二点。個より普遍に至る道がある。感情の火を適温に保つ。幸福は副産物。

 

河合隼雄の幸福論