弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

金融法務事情2068号 弁護士受任と時効

東京地裁平成28年7月29日判決

債務整理の受任弁護士からの方針の回答が「民事再生か任意和解」というものでも、時効中断事由たる債務の承認とはならず、受任弁護士の放置による時効完成を受任弁護士自ら援用する場合でも信義則違反といえないという裁判例です。