弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

南直哉、為末大「禅とハードル」

南師(呼び方!)は、自分のようなものの言葉に惹かれる人はあぶないというけどやっぱりぐっとくるのよね。ほんとぐっとくるな~南師はすごいなあ好きだ!と思いつつ、もし自分の子どもが南師だったら途中経過は母としてはつらいだろうなあなど。

例えば神を信じると言ったときにですね、ものすごく真面目に考える人は、「神を信じる」ということをどう考えるか、どういう状態で信じているのかってことを考えると思うんです。例えば、もし一生懸命お祈りしていれば神様は聞いてくれるっていうのが「信じる」ということだとしたら、これは基本的には取引なんです。そうでしょう? つまり自分の力で神様を動かそうってわけですから。「これだけやったんだから、お願いしますね神様」っていうのは取引じゃないですか。取引だからそれは信じるということとは違う。 信じるというのは、何が起こるかわからない、どんなものだかわからない相手をそれでも「信じる」ということです。自分にはまったくわからない神のような絶対者、もしくは「死」のようなものかもしれない。とにかく、わけがわからない予測のつかないものを信じるということです。そんな、わけのわからないものを信じるというのは普通は難しいことです。しかしわけのわかるものを信じるのは取引にすぎない。そうすると「わけのわからないものを信じる」ってことを実行しない限りはそもそも「信じる」ことにならないわけですよ。わけのわかるものだったら信じなくてもわかればいいんですから。信じることを発動させるためには、わけのわからないものに対して身を投げなきゃいけないんです。信じる相手はわからない存在だから、相手に向かって何かを問うわけにもいかないわけだし、そうするとできることは、自分がどういう状態であることを「信じている」状態であると定義するか、それを考えるしかないんです。

このくだり、テッド・チャン「地獄とは神の不在なり」そのものです。

「認める」というのは「許す」と似ているんです。人が人を許すことの一番の問題は、許す自分を許せるかということなんです。誰かにひどい目に遭わされたとして、相手をそれでも許すというのには二重の構造があって、ひどいことをした相手を許す自分を許すということが重要なんです。同じように、誰かに対して、報われなかった努力を認めますよと伝えたときに大切なのは、「無駄になった努力」というものを自分自身がどう総括していて、どう許しているかを伝えることだと思います。それが自分の中で完結して初めて、相手に向かって訴えることができると思うんですよ。

あと、この「二重構造」はまさしくそうですごく言い当てていると思いました。

禅とハードル