弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

魚住昭「特捜検察の闇」

[asin:4167656655:image:small]
カブトデコム、安田弁護士事件などなど国策捜査の失敗例。国策捜査というあり方自体の問題と、捜査の内実がおそまつであることについて。事態を直視せず詐欺という枠組みに押し込んで失敗した例をみると、朝鮮総連事件はどうなるだろうと思ったりします。単行本で読んだので出版時点が古くて安田弁護士の無罪や中坊の末路はフォローされていないのですが、文庫本ではフォローされているのかも?