弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

中村久瑠美「あなた、それでも裁判官?」

「あなた、それでも裁判官?」
スリリングであっというまに読んでしまいました。すごい話です。しかし実にしみじみ思うのは、変な男というのは地位があったりして傍目にはよさげな層にも、ほんとに本当に本当にたくさんいて、暴力までいかなくてもありえないマザコンとか、それはもう驚くほどだということです。変わるかも治せるかもとか、いま別れたら関わったこれまでの時間が惜しいとかのことはきれいに忘れて、とっとと逃げるが最上です。あと、X市とかいって、隠す気ないですよね。期も特定できるから、X市の同期のあの弁護士なら夫も誰のことか分かったりするのかなあなどと。