弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

柴﨑哲夫、牧田謙太郎「裁判官はこう考える 弁護士はこう実践する 民事裁判手続」

書かれていることは志高めのスタンダード、変だったり鼻につくようなところもなく、感覚的に思ってることを、やっぱりそうよね、とスイスイ読めてところどころ参考になるので、それなりに年数経った者も読んでおくとよい本です。

裁判官はこう考える 弁護士はこう実践する 民事裁判手続

 

判例タイムズ1439号 ガイドラインと医療訴訟、免責不許可

・「第9回 医療界と法曹界の相互理解のためのシンポジウム」

今回の読後感は裁判所に文句を言いたいというのではなく、展開が難しそうなテーマをうまく提案してよい読み物にしたなあという感想。

血栓症予防なんてみんなやってないみたいな話しが続く中、予算的な事情、大半の医療機関が同じという話しは患者が納得する理由にならない、やるべきとされていることをやらない合理的な理由があるのか、という弁護士(患者側)からの指摘、それに対しての医療側の反論まではないままで話題が変わっているけれど、ここはどこまでも平行線なのかどうなのか。

同じく弁護士(患者側)からの、ガイドラインで鬼の首というのではなく、ガイドラインと事件の実情を比較して、ガイドラインと違うことの合理的な理由があるのかがポイントという指摘。医療側の、1秒の延命という極端な提起に対してきちんと言っていただいているところも。

こういう、予定調和ではない真剣勝負の議論で、ともすると変な方向に引っ張られていきそうなところでタイミングをのがさず言うべきことを言うのはとっても難しい、訓練が必要なこと。きちんと言っていただいてありがたい。

高瀬医師の、患者本人にとってのガイドラインと自己決定、ガイドラインと違う選択をするときには合理的な説明が必要、という指摘。大磯医師の、事例2で説明義務違反がとられたのはやむを得ないという指摘。このあたりは、まさに相互理解。

・千葉地裁八日市場支部平成29年4月20日決定

破産申立直前に離婚して復氏して解決金100万円を受け取っていたのを伏せて婚氏で破産しようとしていたのが、債権者の調査で露見して免責不許可。当該債権者への損害賠償債務(不貞慰謝料)が主な債務(あとは自動車ローン1件、カード会社1件だけでそれらは破産するほどでなし)で、要は不貞慰謝料を逃れるための破産だったのに、結局は逃れられず終わるという…。そして、離婚と解決金受領の際の代理人が本件破産も担当していたようで、これはこれで問題になりそう。

ジュリスト1511号 医療訴訟

「裁判官に聴く訴訟実務のバイタルポイント 医療訴訟(2)」

東京地裁の審理運営指針(平成25年)の読み方など。平成19年指針との違いの背景、提訴前準備、計画審理は心がけはあれど現実問題として難しい、など。

家庭の法と裁判 2017年11月号 不貞慰謝料

・不貞行為慰謝料に関する裁判例の分析(2)

間接事実からの不貞事実の認定と経験則について。

アン=マリー・スローター「仕事と家庭は両立できない? 女性が耀く社会のウソとホント」

個人事務所で弁護士業やってるなんてのは組織の中のキャリアアップと比べればまことにお気楽なもので、しかし傍目からは仕事と家庭を見事に両立していると見えるようでそう言われるとそれは別に否定しない、いちいち謙遜するのもまだるっこしいのでそんなことはしないんですが、組織に属しつつ両立している人の大変さすごさとは比べものにならないよ私なんて、という控えめ感はいつも感じています。このくだりにはもっと続きがあるんですが書いてるうちに込み入ってきたのであとはカット。まあとにかく仕事と家庭についてゴチャゴチャ思ったり言いたくなったりしている者にはこれを読めと言いたい。必読。

冒頭の賛辞の部分にすごい言葉が並んでいるんですが、全て読んでから戻ると、ほんとにそうだと思います。

「義務感」ではなく「欲求」にひっぱられるというくだりは当事者にしか言い当てられない。処世術としても、なかなか言い尽くされないところの言語化も、価値観の提示も実践も納得。

仕事と家庭は両立できない?:「女性が輝く社会」のウソとホント

二弁フロンティア2017年10月号 面会交流

講演録「別居・離婚と親子の面会交流」

調停官の方の講演。面会親側が陳述書に書くべき項目。

浜屋祐子、中原淳「育児は仕事の役に立つ」

かくありたい状態と足元の現実と、考えると心もとないけど、理想論の部分が現実的にどうかはともかく、書かれていることはそのとおりと思います。

ひとさまの感想を見ていたときに出てきたこちら。

「育児は仕事の役に立つ」を読んで、モヤモヤがやってきた。 - SHIBUYA+BAr

こっちもなるほどと思いました。前提を必ずしも共有してない人にも読まれる本としてはどうしても拾いきれない部分ってありそうで、心身の限界を超えたときの自分に出会うことって育児だけじゃないにせよ、乳児期育児ほどに継続的に脅かされることはなかなかないかもしれない。これを知っておくと試練への耐性が上がるのはたしかと思う。我が胎から出てきた子であっても際立って他者であることは、子が育つほどに分かってくるであろうもので、子との関わりをとおして他者との関わり方について突き詰めて考えることもシゴトには絶対活きると思う。

育児は仕事の役に立つ 「ワンオペ育児」から「チーム育児」へ (光文社新書)