弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子(ラベンダー法律事務所)の読書日記

岡田裕子「難しい依頼者と出会った法律家へ パーソナリティ障害の理解と支援」

・そのような特徴を持つ人に適切な対応をするために学ぶ。

・知ることによって気持ちの余裕が持てる。

・依頼者の感情的な激しさに振り回されず、その背景を吟味する思考過程、客観的、多角的に考え感情的な距離をとる、冷静に客観視。安堵感。対応力。心理状態への推理力。

無意識に実践してきたことが多いと読めば感じますが、体系的に言語化されたものに触れる価値があり、我々には必要な知識です。わかってることならすぐ読めますので、わかってるはずの人にも勧めます。

難しい依頼者と出会った法律家へ -パーソナリティ障害の理解と支援-

春日武彦「援助者必携 はじめての精神科 第2版」

家にあったのをなんとなくめくってたらどーしても線を引きながら読みたくなりそのまま我が物とし、すぐもう1冊買って償いとした本書。強く勧めます。

「Ⅰ手を出す前に考えておくこと」「Ⅱかれらの苦しみ」「Ⅲわたしたちの困難」という章題からしてしびれます!

他者理解の補助線→無力感、面倒くさい、存在価値、相反する感情、論理的に間違える。

声をひそめる。

他人の助言を拒絶することによってささやかな自意識を確認。屈折した自己肯定。オープンエンド。

苦労した者だけが味わうことのできる感興。

かれらがそう信じているという事実を受け入れ、その結果の感情に共感する。

困りが生ぬるい場合は待つしかない。腰を据えて事態を見守る。待つための度胸。タフさ。腰が座れば事態は展開する(ほんとうにそう!)。

自信のなさと一体となったコントロール願望。当事者とパワーゲームを繰り広げてしまう。

共依存という膠着。相手に関心があればあるほど、相手をコントロールしたくなってしまう。時間を動かす触媒。

ハンディキャップという座標軸。

精神を病んだ人でも優先順位の99%は同じ。

やさしさの演技。介護者もまた変わっていく。変化、向上がなければただの汚れ仕事。

脳内の不安感違和感を納得するための妄想。妄想の当否は受け流し気持ちに共感する。損得勘定を持ち出す。

人格水準の低下→生きることの不器用さ。

屈託のない態度、状況や気分をナレーションするような語り口。

回り道をしてしまったという無念さ。

労力と優先順位。スタンスを決め不全感を貯めない。

家族の現状に甘んじてきたツケが本人に回る。

相手が踏み込んできたときは、なんでも期待に添えるとは限らないと教えるチャンス。

自覚さえしていれば事なかれ主義でも構わない。気合いで乗り切るときもある。

怒りよりも好奇心。

相手なりの事情、人間の弱さや醜さ。

ないものねだりには付き合わない。

本人の運命。援助者の運の強さ。

電話相談は精神衛生上よろしくない。

ベストの答えが「ないことを知っている」ことでくくれる腹。腹をくくることで馬鹿力や予想外の展開。

練習してみよう。中間的フレーズ。

誠実・真摯・品性。

性格に問題のある人との出会い→やさしさ、善意、良識、品位への疑いが生じるダメージ。

「待つ」と言っても視野狭窄的にそれだけを待つのでなく、他のケースもあるのだからある程度忙しく充実していれば脇に置いておいたケースも展開する。見つめる鍋は煮えない(←これは書いてあったわけでないけど思い出した言葉)。

邪悪は「まとも」で希釈する。

はじめての精神科―援助者必携

NBL1117号 民法改正、システム開発

・「鼎談 改正民法の実務的影響を探る 定型約款」

定型約款に該当することのメリット→変更ルールの適用でデメリットはないはず。定型約款の該当性を限定的に解釈して従来の約款法理の世界に戻っていくのは残念。

・「座談会 システム開発取引はなぜ紛争が絶えないのか」

謝罪をして丸く収めたいときの対応。報告レター。ご迷惑でなくご心配。

ジュリスト1516号 民法改正

民法改正と不動産賃貸借法 賃貸不動産の2つの側面を手がかりとして」

賃貸人の地位の移転と敷金の継承

NBL1116号 民法改正

民法(相続関係)等の改正に関する要綱案」の概要

判例タイムズ1445号 間接強制、転落と施設の瑕疵

・東京高裁平成29年2月8日決定

審判で命じられた面会交流の不履行につき1回100万円を命じた原決定を変更し、30万円とした高裁決定です。抗告人(父)の年収は2640万円、子は13歳です。

東京地裁平成29年2月15日判決

グループホームの2階窓から認知症高齢者が転落した事故について、施設の設置または保存の瑕疵による工作物責任を認めた裁判例です。窓のストッパーが外れていた状態でした。