弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

大変だ考

・自分にとって未知の課題に挑むにあたり、人から「大変だよ」とか言われるとなんかイラっとするときがあります。思うに、イラッとさせるふうに「大変だよ」と言ってくる人には二系統あって、自分はその大変さをあまり知らないくせに人が「大変だ」と言ってるから「大変だ」と調子を合わせてる人と、その大変さを乗り越えた自分をとても誇りに思っていてその誇りをなんぼでも噛みしめたい人です。
前者が「大変だよ」というのはうわごとみたいなもので、後者が「大変だよ」と言うのは大変さを乗り越えた満足感を反芻して喜んでるだけで、どっちもほんとはそのひとの脳内で完結していてほしいたぐいのことなので、いずれにせよこちらは聞き流せばいいことだと思います。
それでもその課題が大変なことにはおそらく間違いがなく、私も大変さに自分を見失って、「大変だよ」派の軍門に下ることもありうるので、こういう毒舌は思うだけにしてその場はやりすごすのです(といいつつここに書いてしまった)。
・他方、古いつきあいの相手からこの機会にはじめて聞く大変話がとてもおもしろかったりして、そういうときは、こんなおもしろい話をこちらが求めない限り黙っているとはなんて奥ゆかしい、とその人をあらためて見直す思いで嬉しいものです。