弁護士ラベンダー読書日記

札幌弁護士会所属・弁護士田端綾子の読書日記

松橋犬輔, 北尾トロ「裁判長!ぼくの弟懲役4年でどうすか」

裁判長!ぼくの弟懲役4年でどうすか (ゼノンコミックス)
傍聴人として裁判をひとごととして見てきた著者が、被告人の身内として裁判を見るときに感じる落差がリアルに描かれていて、裁判関係者は読むべきと思いました。こちらもそうした当事者本人サイドの心情を取りこぼしていないか、当事者を単にケースとして取り扱っていないかと、戒めるよすがとして。
ちょっと前まで通っていた川崎支部がリアルでした。情状証人を検察官から訊いてたり、弁論のあとに論告してるのは、この漫画の仕様なのでしょうかね?